[COLUMN] Bridge Note

2023/01/05

初日の出を見に行きました

明けましておめでとうございます。

旧年中は皆様には大変お世話になりました。
皆様にとって輝かしい一年になることをお祈りいたします。
本年も変わらぬご愛顧、ご鞭撻のほど、
どうぞよろしくお願いいたします。


さて、前回と似た質問ですが、
お正月は何をして過ごされましたか?
ついついゴロゴロしてしまいますよね。
やるべき事をやっていれば、というのが前提ですが、
ある程度は普段よりもゆるい生活が許されてもよいのでは
と思う、浅はかな宮地です。割と寝正月でした、はい。


そんなゆるゆるな宮地ですが、
今年の元旦は家族で初日の出を見に山に登りました。
冬の早朝はまだまだ真っ暗なので、
娘(4歳)はそわそわしつつも少し楽しそう。

目的地の駐車場に着く頃には空は白んできておりました。
半分寝てしまっている娘を抱きかかえて山道を登ります。

山を登ると、開けた広場に着きました。
やはりそれなりの数の人がすでに来ていて
場所取りを始めていました。
我々も場所を探しうろうろしつつ、空いている場所へ。

前方に木が高く生えていて、やや見にくい場所でしたが、
何とか間に合った模様。この時点で7時前、
空は明るいですがまだ日は出ていません。

周りではボーイスカウトらしき団体さんが
大量のおしるこを作ってわいわいしていました。
こういうのも良いなー、としみじみ眺めていたら、
上の方から大きな歓声が。

アイドルか誰かがサプライズで登場したのかと
思うほどひとつにまとまった大きな歓声だったので、
思わず後ろを振り返ってキョロキョロしてしまいましたが、
それらしい人や雰囲気は無く。。と、その時、
綺麗なオレンジ色の光が前方から!

どうやら日が出始めた歓声だったようです。
そりゃそうか。




ちょうど木と木の間の開けた場所から、
綺麗な日の出を見ることができました。


実は私、今回が人生初の初日の出でした。
年明けと共に気持ちもリセットされたような、
とても清々しい気持ちになりました。

基本的に出不精でインドアな私ですが、
たまにはこういうのも良いんだなーと思える出来事でした。
特に、妻と娘と見ることができてとても嬉しかったです。

正月の日の出時間は7時前後と割とゆっくりめなので、
夜更かしさえしなければ意外と動きやすくておすすめですよ。
場所によっては帰りの駐車場の大渋滞だけは地獄ですけど。


今回のブログは以上です。

改めまして、本年もBRIDGE WORKSを
どうぞよろしくお願いいたします。


それでは、また。

BRIDGE WORKS 宮地 康行
無料相談 SNSでもご相談可能です