[BLOG] Bridge Note

2018/10/23

カスタマイズ家具にできること ~収納家具編~

様々なものを収納するために必要な収納家具。
10人使う人が違えば、使い方も10通り違います。

中に納めるものの種類と量、設置する場所(部屋)
による違いも考慮すれば、ひとつのデザインが
それぞれのお客様の要望にぴったり当てはまるのは
なかなか難しいのではと思います。

BRIDGE WORKSの収納家具は
展示している商品をベースに、サイズやカラー
引出の数や厚みまで、色々なカスタマイズが可能です。

今回はリビング収納でできる
カスタマイズ内容について、少し詳しく
お話しさせて頂きたいと思います。

①サイズをカスタマイズ


▶︎お客様とのヒアリングを通して、最適なサイズを一緒に考えていきます。

普段お客様とお話しさせて頂いていて
設置するテレビの大きさ、設置方法などによって
細かいところにどうしても違いが出てしまい

デザインは気に入っているけどサイズが合わない
といった方が多く見受けられます。

・もう少し奥行きが短ければ....
・横幅を今よりも広くとりたい。
・もう少し足の高さを上げたい。  などなど。

BRIDGE WORKSの『カスタマイズ家具』なら
これらのご要望にはお応え可能です。

展示している商品のデザインをベースに
W(横幅)D(奥行)H(高さ)を
お好みの寸法でお作りさせて頂きます。

まずは、お客様がどんな暮らしがしたいかなど
ライフスタイルやお悩みをお聞かせください。


お部屋の寸法や何をどれだけ収納するのか
家族構成やリビングでの過ごし方まで
色々なお話しさせて頂いた上で
適正なサイズをアドバイスさせて頂き
最終のデザイン案をご提案させて頂きます。
 

②カラーをカスタマイズ


▶︎家具に使う木材サンプル

上の写真はそれぞれの商品で選べる
木材のカラーサンプルです。
(左から、オーク、オークブラウン、ウォルナット
ブラックチェリー、メープル)

展示している商品が全てではありません。
サイズももちろんですが、それぞれの商品に
色違いの商品のご用意もございます。

お客様それぞれのお部屋も違えば
好みの色や木目も違います。

お客様とのヒアリングを通して
それぞれの木材の性質などもご説明させて頂き
ぴったりなカラーをご提案させて頂きます。
 

③デザインをカスタマイズ


▶︎DEMI LOW Board W2000 D460 H330 194,400yen

人気のローボード DEMI W2000 板戸タイプ。
たっぷり入る収納力と、板の目をデザインとして
楽しむ事ができると、ご好評頂いています。

ただ、中に収納したAV機器に
リモコンの赤外線を届かせたい場合には
扉を開いて操作するか、中継機※を
使用しないと操作できません。

中継機なしで、扉を閉めたままでも機器を
操作したいという要望が多い場合には
内部まで赤外線が届く様、下の写真の様に
前板に溝を掘るなどの加工を施させて頂きます。


▶︎DEMI LOW Board "LOUVER" W2000 D460 198,720yen


▶︎溝を掘った前板の内部の様子。

この様に、前板の前面と裏面に加工を施すことで
赤外線が内部に届くようになり、AV機器を隠していても
リモコンの操作ができる様になります。

※リモコン中継機
リモコンの受信部分を有線で分離させて
別の場所に設置する機械のこと。
AV機器が扉で完全に隠れていても
リモコン操作は可能になります。(税込 ¥4,320)


▶︎リモコン中継機


溝のデザインの種類は2種類。
ある程度木目が見える様にした「細溝タイプ」と
木目は少し見えにくくはなりますが、溝を太くし
より内部まで赤外線が通りやすい様にした
新商品の「太溝タイプ」とがございます。


▶︎DEMI LOW Board "Thick LOUVER" W2000 D460 H300  198,720yen

ちなみに、脚もカスタマイズ可能。
上の写真の様に、脚を外した台輪タイプも人気です。

もっと低くしたい場合や
床下にゴミが入らない様にしたい場合
また、床への負荷を少なくしたい場合には
有効なデザインです。


▶︎DEMI LOW Board White OAK W2000 D460 H300  145,800yen

他にも、上の写真の様に
扉ではなく引き出しに変更したり
埃は溜まるかもしれませんが、操作性を重視し
扉を外してオープンタイプに変更も可能です。

扉を設置しなくて良い分、手間が省けますし
材料費も少なくて済むので、商品コストは下がります

今回ご紹介させていただいたカスタマイズ以外にも
リビング収納で対応可能な内容は色々ございます。

『ここがこうだったらもっと嬉しいけど....』
そう言ったご要望は是非お伝えください。

きっとお応えできると思います!!