[BLOG] Bridge Note

2018/11/24

カスタマイズ家具にできること ~ダイニングテーブル編②~

前回まではサイズ、天板の種類について
カスタマイズできる内容をお話させて頂きました。

天板の形や種類、サイズが決まったら、今度は脚。
使い方によって大きく変わるのが脚のデザインです。

今回では主な脚の組み合わせ例を何点かご紹介します。

※画像は一例です。
※使用する天板の種類や形状は
 違うものと組み合わせ可能です。

・脚をカスタマイズ

<ロ型アイアン脚>


▶︎職人の手作天板 + アイアン口型脚

安定感抜群のアイアン製ロ型脚。
幕板が無くても安定感が得られるので
足をよく組む方には使いやすい組み合わせです。

口型の下の部分を外して4本脚にも対応可能かと
聞かれることもございますが、対応可能です。

※木製でも製作は可能です。

<I型アイアン脚>


▶︎節あり天板 + アイアンI型2本脚

天板の四隅に脚を配置させるのでは無く
中央部分に柱を配置させたデザインにする事で
両サイドからの出入りがしやすい、I型2本脚。

ダイニングソファの様に両サイドからしか
着座しないレイアウトの場合、4本足よりも
このタイプの方が、比較的使いやすくなります。

最近では、ソファでお食事をされる方も多く、人気です。
(木製でも製作は可能です/要見積)

<丸棒アイアン脚>


▶︎手作り天板(円形)+アイアン丸棒脚


▶︎アイアン丸棒脚

シンプルなアイアン製の丸棒を使用した4本脚。
木製の太い脚のものに比べると、若干安定感は劣りますが
線が細く、脚間や足元をスッキリさせたい場合や
見た目をよりスマートに見せたい場合には効果的です。

<H型鉄鋼脚>

▶︎H型鉄鋼 脚

2本脚のダイニングテーブルは、4本脚に比べて
天板の四隅の脚がなくスッキリしているため
正面からも横からも出入りしやすいのが特徴。

ですがその反面、安定感に欠けるのも二本足の短所。
四隅が固定されてない分天板がぐらつきます。

特に木製の脚だと素材が柔らかいために動きがあり
グラつきが増すので脚の間に桟が必要になりますが
これが脚を伸ばす際の妨げにもなります。

天板のグラつきを回避しつつ
邪魔な桟を取り除くためには、太くて安定感のある素材で
支柱を構成し、グラつきを無くす必要がありました。

そこで建築の考え方に沿って、重量もあり
素材の動きも無い、支柱に適した素材である
鉄筋(H鋼)で作ってしまえばと考えました。

(木製でも製作は可能です)


<カフェテーブル脚>

▶︎Cafe table 600 x 800

▶︎脚の素材はアルミダイカスト(鋳物)

大阪の金属工場にて作られたアルミ製鋳物脚。
金属製でありながら比較的軽くて扱いやすい脚。
1本脚のため、安定感を心配される方も
いらっしゃいますが、意外と安定しています。

特に上の写真のような小さいサイズの天板の場合
4本脚よりもこう言った1本脚の方が、出入りの際に
脚が邪魔にならないので、非常に使いやすいです。


▶︎長方形の場合はT字型がおすすめ。


▶︎脚が細身なので、出入りに邪魔になりません。

金属製の脚だけでなく、木の温もり感溢れる
木製のテーブル脚もご用意がございます。


▶︎X型木製脚 JOIN Dining table


▶︎棚付き木製脚 Regal Dining table


▶︎1本型木製脚 Circle Dining table φ1100

ご用意できる脚は他にも色々ございます。

足のデザインで使い方が大きく変わってきますので
お客様のライフスタイルに合った脚をお選び下さい。