[BLOG] Bridge Note

2018/06/15

デニム布地を織るということ②

今日のテーマは『デニムの製織工程』インディゴに染色された縦糸と白い綿糸を綾織り※にしていきます。※綾織(あやおり)縦糸が2本ないし3本の経糸の上を越えて1本の経糸の下を通過する織り方。▶︎綾織。別名、斜文織(しゃもんおり)とも言われ綾目(斜文線)を斜めに表します。生地の表面はタテ糸の割合が多くデニム地の表面がインディゴ色なのはこの為です。まず、染色されたインディゴ糸を織機にセッティングするため再度整経されビームという糸巻きに巻かれていきます。▶︎染色されたインディゴ糸の整経工程▶︎しっかり人の目で糸に乱れがないか1本1本チェックされます。整経工程が終わると、今度はビームに巻かれた縦糸を織機(しょっき)にセッティングします。▶︎織機にセッティングされるインディゴ糸ここでの作業が非常に手間がかかります。ワンタッチでセッティングできるわけではなく縦糸を一本一本、手作業でセッティングしていき...

2018/06/08

デニム布地を織るということ①

岡山県井原市。岡山県と広島県の県境に位置する都市。人口はおよそ40000人。あの下克上で名高い、北条早雲生誕の地として有名。この地で当店が扱うデニム布地は作られています。▶︎岡山県井原市中心部▶︎市内にあるクロキ株式会社 染色センターここでは、染色から製織整理加工まで一貫して生産されています。デニム布地は、縦糸にインディゴ染料で染色された綿糸(10番手以上)を使います。白い綿糸を濃紺の色に染め上げる。一言で言えば、とてもシンプルで糸を染料に浸漬すればすぐできる様にも思いますが、実はそうではありません。そこまでには大変多くの工程が必要になります。まずは糸。『整経』と言われる工程で紡績された糸をロープ状に束ねていきます。▶︎整経工程の様子。奥にあるのは紡績された600個以上の綿糸の束。一箇所に集められ、すべての糸が均一に整えられていきます。▶︎整えられた糸達は少しずつロープ状に束ねられ▶︎...