[BLOG] Bridge Note

2018/06/15

デニム布地を織るということ②

今日のテーマは『デニムの製織工程』インディゴに染色された縦糸と白い綿糸を綾織り※にしていきます。※綾織(あやおり)縦糸が2本ないし3本の経糸の上を越えて1本の経糸の下を通過する織り方。▶︎綾織。別名、斜文織(しゃもんおり)とも言われ綾目(斜文線)を斜めに表します。生地の表面はタテ糸の割合が多くデニム地の表面がインディゴ色なのはこの為です。まず、染色されたインディゴ糸を織機にセッティングするため再度整経されビームという糸巻きに巻かれていきます。▶︎染色されたインディゴ糸の整経工程▶︎しっかり人の目で糸に乱れがないか1本1本チェックされます。整経工程が終わると、今度はビームに巻かれた縦糸を織機(しょっき)にセッティングします。▶︎織機にセッティングされるインディゴ糸ここでの作業が非常に手間がかかります。ワンタッチでセッティングできるわけではなく縦糸を一本一本、手作業でセッティングしていき...