The Sofa CANVAS SOFA SERIES

The Sofa <span>CANVAS SOFA</span>

The Sofa CANVAS SOFA

ソファの上で一日中、
のんびり過ごしたい人へ。
日本人のライフスタイルに
寄り添いました

私たち日本人が好むソファの使い方は、外国人のそれとは違います。例えば、ソファの上に乗って三角座りや“あぐら”のような楽な姿勢で座ったり、ソファの上でゴロンと横になったり、ソファを背もたれにして床に座ってくつろぐことも…。

このソファは、そのような過ごし方の実現を考え、“日本人のライフスタイルに寄り添う”をコンセプトにつくりました。一般的に販売されているソファより奥行を広げ、三角座りもあぐらスタイルも思いのままに。そして、本体と背もたれのクッションを別にすることで、クッションを肘部分に移動すれば、まるでベッドのように広々とした場所で寝そべることも可能です。また、床に座った場合には手を伸ばしやすい広さ、肘を置いてちょうど心地良い高さも意識して設計しています。

座面の下には無垢材を使用し、強度を高めながら全体を引き締めるアクセントに。木材の種類は2種類から(ウォルナット・オーク)からお選びいただけます。また、張地は岡山県産の倉敷帆布と、同様に岡山県産の18オンスのヘビーデニムをご用意。いずれも天然素材の綿織物であり、通気性の良さ、耐久性、柔らかい肌触りが特徴で、部屋にしっくり馴染みながらも他にはない独特の雰囲気を醸し出します。

日本の住宅事情を考えたサイズでありながら、ソファの上で一日中のんびり過ごせる大きさ、こだわりの張地、細部までとことん工夫を凝らした「The SOFA」。

ソファは荷物置きではありません。リビングの主役であり、あなたの居心地の良い居場所へ。

FOREST DENIM SOFA SERIES

FOREST <span>DENIM SOFA</span>

FOREST DENIM SOFA

デニム布地=藍染めの綿織物。

それは日本文化の中に
昔から存在したものでした

家屋や生活道具、民芸品など古くから日本人の生活にさまざまな形で関わってきた木材。そんな私たちにとってなじみのある木材を家具に取り入れたい。FORESTのはじまりはそんな想いからでした。

飽きのこないシンプルなデザインと肌なじみのいい素材感、座り心地も日本人の身体にフィットするように設計することで、たくさんの方に長く愛されるソファを目指しています。

そんな木製のフレームの座面に仕上げる布地は岡山県産の国産デニム。
デニムと聞くと、カジュアルでアメリカンなイメージのあるデニム地ですが、意外と日本人の暮らしに馴染みやすい素材でもあるのです。デニムの染料は〝インディゴ〟染料。これは実は、原材料や精製の方法に違いはありますが、日本の〝藍染め〟染料と分子レベルでは同一のもの。言い換えればデニム素材は〝藍染めの綿織物〟であると言え、日本人の暮らしに古くから馴染みのある〝濃紺色〟を日本の空間にも無理なくお楽しみ頂けるはずだと考えました。

デニム布地は岡山県備中地区の中央に位置する岡山県井原市のデニム工場で、私達が扱うデニム地は生産されています。布づくりを始めて60年以上にもなるこの工場では、染色から製織まで一貫生産。徹底した品質管理が可能に。その品質は、ヴィトンなどをはじめとする、世界のトップブランドに認められ、採用されるほど。その工場で作られる何十種類とも言われる多くのデニム布地の中から私達がこのソファ用に指定したのは、厚さ18オンスのヘビーデニム。

ソファ用として求められる〝摩擦への強さ〟と〝肌触りの良さ〟の両方を兼ね備え、きめ細やかな綾織目と意外性のある柔らかさを持つ布地がこのデニム地です。また、糸の太さも整い、緻密に織られた綾目のインディゴ縦糸だからこそ、ビンテージ加工された後の色むらの出方も均等を保ち、黄ばみを再現する為、緯糸の白糸のベージュ染色も、程よい色感で仕上がります。

MOCODINING SOFA SERIES

MOCO<span>DINING SOFA</span>

MOCODINING SOFA

コンパクトでありながら

ゆったりくつろげるLDソファ

限られたお部屋の中でいかに快適に、かつ効率よくスペースを活用できるか。
LD(リビング&ダイニング兼用ソファ)はそういった課題を解決するひとつの形です。

ダイニングテーブル、チェア、ソファ、リビングテーブルを
1部屋に配置するのが難しく、配置できたとしても
それぞれのボリュームが小さくまとまってしまっては居心地が良くありません。

BRIDGE WORKSがご提案するLDはコンパクトでありながら
ゆったりくつろげるように座面の奥行きを広くすることで
食事が終わった後もソファであぐらをかいたり
横になったりできるように設計しています。

BRUNCH CUSTOMIZE SOFA SERIES

BRUNCH <span>CUSTOMIZE SOFA</span>

BRUNCH CUSTOMIZE SOFA

日本の住宅事情の合わせて作られたコンパクトなサイズ感

日本の住宅はリビングとダイニングという使用目的の違う空間が一つの部屋に共存し
動線も複雑に絡んでしまう為、家具を配置する面積が限られてしまうという住宅事情があります。

そんな背景に合わせて、平均800~850㎜と言われるソファの奥行きを740㎜に落としながら
座面は広く確保できる様設計されたのがこの "BRUNCH" です。

選べる張り生地に種類は100種類以上もあり、サイズや縫製
肘のデザインなどもオーダーが可能で、その名の通り枝分かれ式に増えるソファのデザインパターンは
10万種類を越えています。

硬すぎず柔らかすぎず体に負担がかかりにくい
ちょうどいい硬さが人気です。

BRUNCH CUSTOMIZE SOFA SERIES

BRUNCH CUSTOMIZE SOFA シリーズ一覧

FIX LOW BOARD SERIES

FIX  <span> LOW BOARD</span>

FIX LOW BOARD

木の上質感×ゴロ寝テレビ
×シンプル収納を実現
きっと、日本でいちばん低いテレビ台です

ゴロゴロと床に寝転びながらテレビを観るのが幸せ…。“地べた”で洗濯物をたたみながらテレビを観たい…。テレビ台は必要だけれど、機器も少ないので極力シンプルなものを…。そんな風に考える方も多いようですが、実際にぴったりなテレビ台を探し出そうとすると、なかなかコレといったものが見つからないケースが多いようです。

そこで私たちが生み出したのが、「Low Board」と名付けたテレビ台。シリーズ名さえも排除し、シンプルに美しくそぎ落とした一台は、床やソファでのゴロ寝にぴったりの高さを誇っています。

一方で、天然木のぬくもり、上質感は存分に楽しめるつくりに。一人暮らしからファミリーまで、客人をも唸らせる自慢の家具になることでしょう。幅や奥行きなどサイズの調整や、脚を取り付けることも可能ですのでご相談ください。木材はウォルナット・オークをご用意しています。

DEMI LOW BOARD SERIES

DEMI  <span>  LOW BOARD</span>

DEMI LOW BOARD

木の表情を楽しめる
一枚板という贅沢さを。
モノを隠してすっきり、
木目にうっとり

木の表情をテレビ台でも楽しんでいただきたい。ソファなどにもたれながら床に座ってテレビを観ることが多い日本人の生活に合った高さのテレビ台をつくりたい。そんな想いを込めたのがDemiシリーズのリビングボードです。

前面も一枚板でつくられており、使えば使うほど、この木だけの“木目”への愛着が増すことは言うまでもありません。潔くモノを「隠す」ことで、自然の持つ美しさを存分に味わうことができるのです。

パターンは、リモコンの赤外線が届く「溝あり」と、一枚板の醍醐味をより一層楽しめる「溝なし」をお選びいただけます。「溝なし」は、HDD内臓のテレビをお持ちの方はもちろん、リモコンベンダーという機械(数千円程度で購入可能です)を使用し、小さな受光部をテレビ側に取り付けておけば、それがテレビ台の内側の機器に繋がって反応しますのでお薦めです。

収納の種類は、引き出しと扉、お好みに合わせてご選択ください。

リビングチェスト SERIES

リビングチェスト

リビングチェスト

livingchest

/files/user/img/categoryicon/livingchest.svg

リビングチェスト SERIES

リビングチェスト シリーズ一覧

SURGE SIDE BOARD SERIES

SURGE  <span> SIDE BOARD</span>

SURGE SIDE BOARD

日常を感じさせない
圧倒的な存在感。
波を打ち、心を揺さぶる
サイドボード

とにかく迫力がありながら、日本の住宅と調和する家具。イコール、このSURGEシリーズと言っても過言ではありません。

絶妙な曲線に仕上げられた木と木が幾重にも組み合わさって放つ圧倒的な存在感は、そこに自信あり気に佇む「静」と、ゆらゆらと波打つ「動」によって成り立っているもの。

天然木の豊かな表情、木と木のハーモニーでつくり上げられた重厚感、ついつい触ってしまいたくなる美しいカーブ…。この一台をそこに置くだけで、毎日の生活が贅沢に彩られることでしょう。

リビングはもちろん、ベッドルームや玄関など、置く場所や使い方もお好みで。
奥行や脚のセレクトについてはご相談ください。木材はウォルナット・オークをご用意しています。

SURGE SIDE BOARD SERIES

SURGE SIDE BOARD シリーズ一覧

JOINDINING TABLE SERIES

特集はこちら

JOIN<span>DINING TABLE</span>

JOINDINING TABLE

食事も、会話も、
ホッとするひとときも
思わず囲んでしまう、
美しいクロス脚のテーブル

ダイニングテーブルと言えば4本脚のものを想像する方が多いと思いますが、BRIDGE WORKSが現在手掛けているダイニングテーブルは2本脚。現代の暮らしにあった使いやすさとデザイン性を両立させています。

近頃のダイニングは食事をするだけの場所ではありません。家族で会話を楽しんだり、コーヒーでちょっと休憩したり、ノートパソコンを使ったり、お酒を飲んでみたり、もちろんお客様とテーブルを囲む機会もあるでしょうし、子どもが宿題をする場になることも。

2本脚のテーブルは脚が内側についているため、椅子に座ったり立ったりしやすいのがメリットです。ゆえに、椅子を引かなくてもスッと座れる心地良さもありつつ、4本脚の場合には必要な「幕板」がないため足を組みやすいのもポイント。ダイニングでくつろぐ時間が長くなるほど、このようなニーズが高まっているのもホントのところです。

なお、2本脚のテーブルは4本脚に比べると安定感は少し劣りますが、その分「桟(さん)」をつけて補強し、その上に棚となる板を設置。ここにはリモコンや眼鏡など、引き出しにはしまい込みたくないモノを置けば、テーブルの上の“ごちゃごちゃ”も解消できます。

テーブルを横から眺めると、板と板をX字に組み合わせたクロス脚が美しく、幕板がない天板は無駄がなくてすっきり。椅子やベンチがきれいに収まるのも魅力です。

シンプルだけどスタイリッシュで部屋のアクセントになるデザイン、スムーズな動きができるからこそ、無意識に座りたくなる、囲みたくなるテーブル。それがJOINのダイニングテーブルです。

JOINDINING TABLE SERIES

JOINDINING TABLE シリーズ一覧

CRAFTDINING TABLE SERIES

CRAFT<span>DINING TABLE</span>

CRAFTDINING TABLE

天板職人の魂のこもった

ダイニングテーブル

家具産地、香川県高松市。
古くは地元需要を満たすため家内工業的なものでしたが
戦後の需要の増大に伴い急速を遂げ、現在では全国有数の家具の産地です。

そんな高松の天板職人の手による、魂のこもった天板。
木材の魅力を知り尽くした家具職人が木目の美しさ、木目の動き、節の形状など
木材独特の表情を最大限に生かしたデザインに仕上げています。

はぎ合わせの際にできるランダムにずれた木口をあえて整えず
ギザギザに組まれたデザインを楽しむこともできます。

LIVING DINING TABLEDINING TABLE SERIES

LIVING DINING TABLE<span>DINING TABLE</span>

LIVING DINING TABLEDINING TABLE

お部屋の面積を有効に使える

新しいライフスタイル

ソファやベンチでお食事をする、リビングダイニング(LD)というライフスタイル。
リビングとダイニング、二つの空間を一つにまとめることで、お部屋の面積を有効に使うことができるレイアウトで最近では新しくダイニングを揃えられる方の全体の2~3割はこのタイプを選ばれます。


そんなLDのレイアウトのダイニングテーブルとしては、4本脚だと脚に体の通りをさえぎられる為
オススメできかねます。
必要な条件はふたつ。体の通り道に空間を作ることができ、出入りがしやすい2本脚であるという事と
座面高の低いソファに座ったと際に、無理なく肘をつくことができる最適な高さ
(ソファの座面高(mm)+差尺)であるということです。

このテーブルはその条件に合うようにデザインされた2本脚テーブルで
高さはお好みの高さで製作させていただきます。
合わせるソファに合わせて、脚の距離感もお好みで指定が可能です。

LIVING DINING TABLEDINING TABLE SERIES

LIVING DINING TABLEDINING TABLE シリーズ一覧

FLATDINING TABLE SERIES

FLAT<span>DINING TABLE</span>

FLATDINING TABLE

安定感抜群のアイアン製脚

数多くある家具の種類の中でも、家族みんなで同じ時間を共有しながら会話や団欒に使う

「食卓」という家具は、「食事」という家族間の営みの中でも非常に重要な時間に使われます。

それだけに、「人」や「家族」と「モノ」との関わり方が、選び方や使い方次第で大きく変わってきますので

生活の中でも深い関わりのある「食卓」は、色々ある家具の中でもこだわるべき家具だと考えています。

FLATDINING TABLE SERIES

FLATDINING TABLE シリーズ一覧

CAFETABLE SERIES

CAFE<span>TABLE</span>

CAFETABLE

使いやすいコンパクトサイズ

鋳物製の1本脚を無垢材の天板に取り付けたカフェテーブル。
元々は業務用として、不特定多数の方が頻繁に立ち座りするような場所で使われていた鋳物脚。
1本脚のため、様々な姿勢で着席が可能で出入りもしやすくなっています。

また意外にも軽くて、強度もあり安定感もあるため取り扱いしやすいのが特徴です。

チェア SERIES

チェア

チェア

chair

/files/user/img/categoryicon/chair.svg

01 CHAIR SERIES

01 <span>CHAIR</span>

01 CHAIR

スッキリとしたフレームと、ゆったり座面

BRIDGE WORKS オリジナルチェア第1脚目となる
細身の脚が軽快なイメージのダイニングチェアです。

曲げ木を採用した緩やかな曲線の背もたれは

身体の線に対して面で優しく受け止めてくれます。

Lutz LIVING TABLE SERIES

Lutz<span> LIVING TABLE</span>

Lutz LIVING TABLE

見た目の美しさと、
皆でテーブルを囲う楽しさ。
両方を叶え、板材のみで
仕上げた“潔さ”が自慢。

よくテーブルなどに使われる、切り口が四角形の材木である「角材」。ではなく、板張りに使われるような平らな材木、「板材」。この長細い板材だけで、とにかく格好の良いリビングテーブルができないだろうかと考えました。

第一に、私たちの根底にある“日本の家に馴染むものをつくる”というBRIDGE WORKSの想いを大切にして直線や四角という形で構成し、日本人らしい感覚を大切に、木の表情と経年変化を楽しめる仕上がりに。また、板材を使うと強度は落ちがちですが、永く使い続けられる強さを意識して設計しました。

そして、日本の様々な住宅事情を鑑みながら“皆でテーブルを囲う”という想定で、幅や奥行のパターンを数種つくりました。テーブルで食事をする、テーブルに飲み物を置きながらおしゃべり、もちろん自分自身だけの時間も…。どんなリビングのシーンも叶えるサイズ感、潔く洗練されたデザイン、触り心地、インテリアへの馴染みの良さが自慢です。

高さは、ソファに座った場合や“地べた”に座った場合でも最適な38cmに揃えています。また、例えば真っ白や真っ赤な仕上がり、サイズの調整も可能(要相談)ですが、サイズバリエーションをはじめ、木材の種類(ウォルナット・オーク)、節の有無(節あり・節なし)、仕上げ(オイル・ウレタン/フラット・ラフ)は定番のものを設定していますので、お好みの掛け合わせをお選びいただけます。

長年、大阪・堀江で家具屋を営んできた大和家具が立ち上げた新ブランド「BRIDGE WORKS」の第一章としてつくり上げた「LUTZ」シリーズは、私たちの「ルーツ」とも言えます。デコボコとした木の表情をより一層楽しめる、まるでカフェにいるようなラフ仕上げもお薦めです。

SERIES

シリーズ一覧

  • すべて
  • {{category.category_nm}}