DENIM

岡山の小さな町でつくられる
世界が認める高品質デニム

デニム生地を家具のファブリックに。
老舗デニムメーカーと家具屋が挑んだ大きなチャレンジ。

BRIDGE WORKSで使用しているのは岡山県産の国産デニム。岡山産デニムといっても、ロープ染色から織布、整理加工まで一貫生産を行っているのは国内で2社のみ。私たちのデニムはそのうちの一社であるクロキ株式会社(岡山県・井原市)の工場で作られています。元々アパレル製品を中心に生産してきたクロキにとって、家具のファブリックを生産することは大きなチャレンジでしたが、モノづくりへの強い熱意に共感していただき、実現することができました。徹底した品質管理が世界中で評価され、ルイ・ヴィトンなどのハイブランドとも取引を行うクロキのデニムは、一度触れるとその違いを実感していただけるはず。ぜひその独特の風合いや肌ざわりを体験してください。

座ったときの安心感と丈夫さを追求して辿ついた
「18オンス」という答え。

ジーンズで使用されるデニムの厚さはオンスで表し、10オンス以下がライトオンス、20オンスを超えるとヘビーオンスと呼ばれます。一般的なデニムで14オンス程度ですが、BRIDGE WORKSのソファに採用したのは18オンス。これは丈夫で長持ちするのはもちろん、座ったときにしっかりとした安心感がありながらも肌ざわりが柔らかというソファにとってベストな厚さなのです。

この素材が使われている製品