CLAP LOW BOARD SERIES

CLAP <span> LOW BOARD</span>

CLAP LOW BOARD

そこに在るだけで、
癒されてしまう佇まい。
美しさと実用性を兼ね備えた
「下見板張り」の家具。

家具を使う時間より、見ている時間は圧倒的に長いと思いませんか?もちろん、家具の種類や暮らし方にもよりますが、サイドボードやテレビ台は、なおさらです。

CLAPシリーズは、日本人に馴染みのある木造建築をモチーフにしたデザインが特徴です。昔の小学校の校舎を彷彿させる「下見板張」は、例えば北海道の時計台などでも見られる工法。雨水の浸透を防ぐ役割を担いながら、板と板が均等に重なり合ってできるグラデーションが心をくすぐります。

そして、この工法を採用することで、多くの機能を同時に叶えているのもポイントです。
まず、引き出しや扉の位置がわかりにいということ。位置がわかることで、どうしても生活感が出てしまうものですが、CLAPシリーズの家具は、まるで美しい芸術作品のようにその姿が目に飛び込んできます。

また、どこからつまんでも取っ手がつかめる便利な「どこでも取っ手」。埃が溜まりにくいため、掃除が楽という嬉しさも…。