EVENT

The BAR Bridge #1 うすはりグラスでビールを楽しむ。

月に一度、お客様をお招きし、BARとして
お酒を振舞いながら皆様をおもてなし致します。

BRIDGE WORKSは
日本の家から日本の暮らしを考えるがコンセプト。

玄関先に土間を設け、〝日本の家〟に見立てた店舗。
そこでお酒を飲み交わしながら、様々な方々と交流して頂き
普段できないようなお話や体験を通して
一緒に日本の暮らしを考えていけたらと思います。

今回のテーマは〝うすはりグラスでビールを楽しむ〟

大正11年創業 松徳硝子製のうすはりグラス。
繊細な飲み口が味を引き出し、氷の音や
手にした感触に独特の味わいを齎します。

このグラスを使ってビールを飲んで頂き
うすはりグラスの魅力を存分に楽しんでくださいませ。

 

イベント概要

日 時:2017年5月26日(土) 20:30~23:00
参加費:2000円 ワンドリンク付き
2杯目以降ワンドリンク¥500キャッシュオン

定 員:20名程度
お土産:うすはりグラス タンブラー x1

最初の一杯目に、うすはりグラス タンブラーを
お渡しさせて頂き、それをマイグラスにお酒を楽しんで頂きます。
(2杯目以降はプラスチック製カップもご用意いたします。)

飲んだグラスはそのままお持ち帰りください。

※あくまでBARですのでフードはございません。
お食事を済ませたのちお越しくださいませ。

 

東京都 江戸硝子指定
松徳硝子製のうすはりグラス

"うすはり"の"はり(玻璃)"とは、ガラスの意味。

電球用硝子薄吹技術がルーツで
代々受け継いだ電球用ガラスの製造で
培ってきた職人の技術が、厚さ0.9mm
通常のグラスの半分以下という極限の
薄さの実現を可能にしました。

繊細な飲み口が味を引き出し、氷の音や
手にした感触に独特の味わいを齎します。
薄い分だけしなやかで衝撃に強く
特に割れやすいということはありません。

高級バーや、京都の一流料亭にも
御用達のこのグラスは『一口ビールグラス』と呼ばれ
今でも多くの愛好家に親しまれています。

 

イベントのFACE BOOK ページはこちらから